[PR]

 天台宗を開いた伝教(でんぎょう)大師(だいし)・最澄の1200年大遠忌(だいおんき)(2021年)を前に、京阪電鉄は総本山・延暦寺(大津市)の根本中堂にある「不滅の法灯」を題材にしたラッピング電車(2両編成)を、京阪電車石山坂本線に登場させた。来年7月まで1日約15往復する。

 車体の大半は紫色で、上部が金色。不滅の法灯にハスやツバキなど無数の花が集まり、その輝きが未来を照らす様子を表現した。

 最澄の魅力を発信する「伝教大師最澄1200年魅力交流委員会」(委員長=鳥井信吾・サントリーホールディングス副会長)の大学生組織「大学コラボプロジェクト」が企画した。

 昨年6月、同委設立を発表する…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース