[PR]

 任天堂は14日、出荷を停止していた主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」と「スイッチライト」の出荷を今週から再開すると発表した。新型コロナウイルスの影響で中国での生産が遅れる一方、外出自粛などで需要が急増して在庫が足りなくなっていた。自社サイトでは15日から予約を受け付け、4月下旬~5月上旬に配送する。

 自社サイトだけでなく、販売店への出荷も再開する。人気ゲームソフトの新作「あつまれ どうぶつの森」とのセットは、4月27日に予約の受け付けを開始し、5月中旬に配送予定だという。

 スイッチを巡っては、学校の休校や外出自粛要請などで需要が急増する一方で、中国の工場での生産が遅れ、品薄状態が続いていた。インターネット通販やフリーマーケットアプリ上では、メーカー希望小売価格の2倍近い値段で転売される例も相次ぎ、「スイッチが買えない」「高額転売は許せない」などの声がネット上で相次いでいた。(森田岳穂)