[PR]

 11月の米大統領選に向け、オバマ前大統領は14日、民主党候補の指名獲得を確実にしたジョー・バイデン前副大統領を支持する意向を明らかにした。候補指名争いから撤退したバーニー・サンダース上院議員はバイデン氏への支持を13日に表明しており、党内で人気を誇るオバマ氏が間髪を入れず態度を明らかにすることで、党内結束を図る狙いがあるとみられる。

 オバマ氏は14日、ツイッターに動画を投稿し、自身とともにバイデン氏が金融危機の際に景気回復に取り組み、エボラ出血熱の感染拡大防止にも努めた点を強調。「(バイデン氏は)最も暗い時代においても我々を導く性格と経験をもち、長期間にわたる回復によって我々を癒やすだろう」と語った。

 一方、サンダース氏についても…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。