[PR]

 紫や白のヒメキンギョソウや、白のチューリップ。14日、集落の一角で花々が風に揺れていた。

 熊本県益城町の河添ハル子さん(90)は熊本地震で全壊した約160平方メートルの自宅の跡地で花を育てている。孫の由実さん(当時28)が亡くなった場所。この日も強い日差しの下で、花の世話をした。

 「ここらが由実ちゃんの部屋だった」。河添さんは花の手前を指さした。2016年4月16日の震度7の揺れで、家族5人で暮らす自宅は倒壊。由実さんは1階で下敷きになった。「やっぱきつかですもん。28だったです」と目を伏せる。

 地震の後、家族は敷地内の小屋…

この記事は有料会員記事です。残り439文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り439文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り439文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら