【動画】全国の大学応援団が連帯し、新型コロナに苦しむ日本へエール=ツイッターから
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大に苦しむ日本を元気づけようと、全国25大学の応援団が連帯し、それぞれ動画をツイッター上に公開した。手洗いの徹底や外出自粛を訴えながら、「気合でコロナをぶっ飛ばすぞ」「コロナに負けるな!頑張ろう日本」などと気勢を上げている。

 企画を発案し、ツイッターアカウント「全国大学応援団」(@2020ouendan)を立ち上げたのは、京都大学応援団団長の森谷勇志(もりたにたけし)さん(22)。新型コロナの影響で応援団は先月末までに全ての活動を自粛し、新入生勧誘もできずにいる。

 「社会を覆う不安や疲弊ムードを打破したい」と、交流のあった他大学の団長や主将にLINEで動画発信を呼びかけた。連帯の輪は10日余りで東北工業大、筑波大、明治大、立教大、一橋大、東海大、同志社大、立命館大、大阪大、神戸大、岡山大、熊本大など計25大学に。森谷さんは「普段は『敵同士』ですが、みんなが一致団結して今できる最高の形で日本にエールを届けたいと考えました」と話す。

 九州大学応援団は、コロナと書いた紙を破り捨て、「俺たちの気合で世界中のコロナをぶっ飛ばすぞ」と威勢のいい団体演舞を披露。ただ、動画冒頭には「コロナウイルスを気合のみで退治する描写がありますが、実際には気合ではどうにもなりません」と注釈を入れ、手洗いなど正しい予防策を訴えている。

 青山学院大学応援団は「下級生…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら