[PR]

 栃木県赤十字血液センターが献血会場の確保に苦労している。新型コロナウイルスの感染防止に伴う外出自粛が広がり、事業所や商業施設を巡回する献血車の出動が減少。5月には前年より半減する見通しだ。

 ホンダは8日、芳賀町の事業所で従業員1人が新型コロナに感染したと発表した。このため血液センターは16、17日に同事業所で予定していた献血車の巡回を見合わせた。一日7台が出動する県内最大規模の会場だった。

 これが響き、13日~30日の献血車の出動予定日数は延べ31・5日。前年の約6割に落ち込む見通しになった。5月はさらに深刻だ。社員や客の密集を避けたい事業所やショッピングセンターから、巡回を断られるケースが続出。前年は延べ80日の出動実績があったが、今年は40日しか確保できていない。

 血液センターによると、県内の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら