[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、多くの公演が中止や延期に追い込まれています。「STAY HOME」の意識が広まるなか、自宅で楽しめるDVDやCD、放送や配信などから「秀逸な一点」を選び、各界の方々が語る新企画「私の逸点」を始めます。

 初回は、宝塚歌劇団出身の俳優・彩吹真央(あやぶきまお)さん。舞台で演じた伝説のミュージカル俳優、ジュディ・ガーランドの作品から、今こそ見たいお気に入りの映画を紹介します。公演中止が続く宝塚歌劇への思いも。

     ◇

 こんなときだからこそ、明るいコメディーのミュージカル映画「サマー・ストック」はいかがですか。「オズの魔法使」で知られるジュディ・ガーランドが主演する1950年の映画です。相手役は「雨に唄えば」のジーン・ケリーで、スター同士の共演はとても見ごたえがあります。

 ジュディといえば「虹の彼方に」が有名ですが、劇中の「Get Happy」もまた彼女の十八番。「悩みごとを忘れて、幸せを呼び寄せよう。ハレルヤと叫ぼう」という歌詞の力強さにひかれます。

 黒いソフト帽に黒いジャケット、脚をみせるスタイルで歌い踊るジュディが、とにかく粋で格好いい! 宝塚歌劇の男役がソフト帽をかぶる格好良さとはひと味違って、大人の女の色気というんでしょうか。ジュディ自身のコミカルな部分やかわいらしい部分も、帽子の奥に感じられます。

 幼い頃から第一線で活躍した彼女でしたが、薬物依存にも悩まされ、47歳という短くも濃い人生を駆け抜けました。私は宝塚を退団後、2度、ジュディの生涯を描く舞台「エンド・オブ・ザ・レインボー」で主演しました。

 舞台のラストのせりふで「どう…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら