[PR]

 大阪府の吉村洋文知事は15日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受けた休業要請に協力した府内の中小企業や個人事業主に独自の支援を実施する考えを示した。市町村の同意を得ることができれば、個人事業主に50万円、中小企業に100万円を支給する。

 吉村知事によると、財源は府と市町村が折半する方針で、最も事業者が多い大阪市の松井一郎市長の内諾は得ているという。府の財源は、財政調整基金や国からの交付金を充てる考え。今後、制度の詳細を詰めていく。

 吉村知事は会見で「不十分な点もあるが、知恵を絞って、厳しい状況にある皆さんを支えていきたい。東京都に見劣りしない給付金制度を構築したい」と話した。(久保田侑暉、多鹿ちなみ)