[PR]

 新型コロナウイルスの感染防止のため、水際対策が強化された影響で、3月の訪日外国人客数は前年同月より93・0%減の19万3700人だった。現在の調査方法となった1964年1月以来、最大の下げ幅となった。観光庁が15日発表した。

 訪日客全体が減少したのは6カ月連続。これまでの最大の下げ幅は、東日本大震災直後となる2011年4月の62・5%減だった。

 日本政府は2月から中国や韓国からの入国者の制限を始め、3月には欧州、東南アジア、米国などにも拡大。海外でも渡航制限や外出禁止の動きが強まり、訪日客の激減につながった。

 国別では、中国人客が2カ月連…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら