[PR]

 「性暴力をステレオタイプで捉えないで」。福岡市で開催された性暴力に抗議する「フラワーデモ」で、一人のトランスジェンダーが声を上げた。LGBTQ+(性的少数者)にも被害者がいることを知ってほしいからだ。今後もデモに参加しようと思っている。

 フラワーデモは昨年4月に東京で始まり、その後各地に拡大。「国際女性デー」の今年3月8日の全国一斉デモで一区切りとなった。だが福岡市では、その後も続いている。

 3月11日。福岡市のトランスジェンダー小野アンリさん(35)は「LGBTQ+の中にも性暴力サバイバーはいます」などと書かれたプラカードを持ち、マイクの前に立った。「性暴力をステレオタイプで捉え、被害を矮小(わいしょう)化してほしくない。被害者は女性だというのも、その一つだ」。女性の体で生まれたが、幼い頃に「自分は女ではない」と気づいた。

 7歳の時、少し年上の子どもか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら