京都大病院と京都府立医大病院は15日、新型コロナウイルスの院内感染を防ぐため、PCR検査費用について公的支援の拡大を求める共同声明を発表した。新型コロナではない病気や出産のために入院し、肺炎の症状がない患者らも検査の対象にするよう求めた。

 病院によると、手術予定の患者や出産予定の妊婦が感染した場合、肺炎の症状がなく感染が見落とされてしまい、ほかの患者や新生児、医療従事者に感染が拡大し、医療崩壊につながる恐れがある。海外では実際にこうした院内感染例が報告されている。

 現状では、PCR検査で保険適用や公費負担となる対象は、肺炎などの症状がある患者や、海外からの入国者に限られている。無症状の患者の検査は全額自己負担で、1人2万円程度かかってしまうという。

 そのため両病院は、手術や出産…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら