【動画】シェフが医療従事者を弁当で支援=加藤諒撮影
[PR]

 新型コロナウイルスと闘う医療従事者を食で支えたい――。東京でレストランを営む企業とオーナーシェフらがそんな思いで結集し、東京都内の医療現場に無料で食事を届ける取り組みを始めた。15日には、東京医科歯科大学付属病院へ120食を提供した。

 「Smile(スマイル) Food(フード) Project(プロジェクト)」と名付けたプロジェクトを始めたのは、東京都渋谷区のミシュラン一つ星のレストラン「シンシア」の石井真介シェフ(44)や、都内でレストランなどを運営する石田聡さん(53)ら10人。4月初め、フランスで日本人シェフが医療機関に食事を提供していると知り、石井さんがSNSで呼びかけると、次々と賛同者が集まり、数日でプロジェクトが立ち上がった。

 食事は弁当で提供▽調理を含むすべての作業で可能な限り「社会的距離」を守る▽食事内容や配達時間は医療機関の要望に応じる、などを取り決めた。まずは13日に都内の病院に計100食を提供した。

 15日は江東区にある石田さん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら