[PR]

共産党・穀田恵二国対委員長(発言録)

 (新型コロナウイルス対策に関連した国会議員の歳費2割削減について)筋が違うと私は思っている。今は困難に陥っている国民の命と健康、生活と営業を支え、補償することが求められている。それに全力を尽くし、その方策を良いものに仕上げていくことが国会議員の仕事だ。東日本大震災のときは財源をつくるうえで歳費を減らし、増税を決めたが、財源はいま問題になっていない。自民党の方は「範を示す」と言っているが、自分たちが(歳費を)減らせば範になるのか。まず国民の今の窮状に対して、全力を挙げて支援し、あらゆる方策を尽くすことが最大の範だと思う。(15日、記者会見で)