[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大によるマスク不足を踏まえ、厚生労働省は、縫製の技術を学ぶ外国人技能実習生に一定期間、マスクの製造にも携わってもらえる特例措置を決めた。衣料品の生産が減る一方でマスクの増産ニーズは高く、繊維や衣服関連の職種で実習生を受け入れている企業から、マスク製造に従事させられないかという相談が相次いでいたという。

 外国人技能実習生が受け入れ先の企業で学ぶ技術は事前に決まっているが、厚労省は、実習期間全体の半分を超えない範囲でマスク製造に従事することを認める。厚労省によると、繊維や衣服関連の職種で受け入れている実習生は全国に約3万人いるという。