福岡)おしゃれなコンポストが人気 におい抑え虫わかず

有料記事

宮田富士男
[PR]

 家庭での堆肥(たいひ)作りの支障になるにおいや虫の発生を抑えられるコンポストを、製造会社ローカルフードサイクリング(LFC)=福岡市東区=が開発し、1月に発売した。生ごみを入れてかき混ぜるだけという手軽さや、おしゃれな外観が受けている。

 製品名は「LFCコンポスト」(税別2980円)。内容は、生ごみを分解する微生物が生息しやすい炭や植物繊維などの基材、吸湿と放湿で水分量を調整するための紙袋と、専用バッグ(幅48センチ、高さ35センチ、奥行き20センチ)。紙袋に入れる基材は生ごみの分解を速め、悪臭の発生を抑えるのに最適な配合という。

 社長の平(たいら)由以子さん(53)が20年以上の経験から編み出した。容器は従来のバケツ型ではなく、しゃれたバッグにした。虫や、その卵が入るすき間がないファスナーを使っている。バッグの素材はペットボトルを再生したものだ。

 コンポストをベランダに置き…

この記事は有料記事です。残り662文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。