拡大する写真・図版プリウスなどを生産するトヨタ自動車の堤工場。4月に続き、5月も4日間の操業の停止を予定している=2020年4月3日、愛知県豊田市

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、自動車メーカーの国内工場停止の動きがとまらない。最大手のトヨタ自動車は15日、世界的な需要減少で、5月以降も国内工場の稼働を一時停止すると発表。生産調整の対象は完成車全15工場に広がる。子会社のダイハツ工業のほか、スズキやホンダも追加の生産調整に踏み切る。

 トヨタは国内全15工場で5月1日と11日、操業を停止する。12日以降もハイブリッド車のプリウスなどをつくる堤工場(愛知県豊田市)や小型車アクアなどを手がけるトヨタ自動車東日本の岩手工場(岩手県金ケ崎町)など、5工場9ラインで最長5日間(稼働日ベース)操業を停止する。

 高級車ブランド・レクサスなどをつくる田原工場(愛知県田原市)を含めた3工場4ラインは5~6月、通常の昼夜2交代ではなく昼のみ稼働する。

拡大する写真・図版名古屋港にあるトヨタ自動車の積み出し基地。海外の新車需要の急減が国内生産に波及している=2019年9月、愛知県東海市、朝日新聞社ヘリから、遠藤真梨撮影

 トヨタは今月3日から国内5工…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら