トランプ氏「WHOは中国中心」 コロナ危機と米中対立

有料記事新型コロナウイルス

ワシントン=渡辺丘 ジュネーブ=吉武祐、ニューヨーク=藤原学思 北京=冨名腰隆
[PR]

 新型コロナウイルスと世界が闘うさなか、トランプ米大統領が世界保健機関(WHO)への拠出金停止を表明した。国内で強まる批判をかわすため、WHOと中国の関係に矛先を向けた形だ。新型コロナワクチン開発など国際的な対策に、両大国の対立が影を落としかねない。

 「米国の納税者は年4億~5億ドルをWHOに提供しているが、中国は4千万ドル程度だ」。トランプ氏は14日、ホワイトハウスの会見で「WHOは『中国中心』で不公平だ」とぶちまけ、検証が終わるまで拠出金の支払いを見合わせる方針を表明した。

 トランプ氏は7日の会見ですでに拠出金停止を検討すると表明していた。この時は記者から「パンデミックのさなかに適切なのか」と問われ、「実施すると言っていない。検討するだけだ」と一歩引いた。

 しかし、その後も米メディア…

この記事は有料記事です。残り1844文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]