[PR]

 新型コロナウイルスの感染が県内でも拡大する中、日を追うごとに街からにぎわいが消えている。政府が東京都など7都府県に緊急事態宣言を出して1週間の14日夜、奈良市の近鉄新大宮駅周辺を歩いた。

 午後7時。居酒屋やナイトクラブが軒を連ねる駅前は閑散としていた。普段は勤め帰りの会社員や客引きでにぎわうが、外からうかがうと、どこも1~2組ほどしか客がいないようだ。コンビニ前にいた30代の男性会社員は「3月に入ってから目に見えて人が減ったかな。自分も会社から言われて外食を控えてます」。

 駅前で待機していたタクシーの運転手たちも手持ちぶさただった。男性運転手(55)は「午後7時ごろはまだ客がいるけど、夜中は本当に誰もいないよ。今後の見通しもわからないし、先行きが不安」。2月と比べ、今月の売り上げは4分の1ほどに減ったという。

 臨時休業の貼り紙を掲げる店も…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら