[PR]

 米アップルと米グーグルが10日公表した、スマートフォンを使った新型コロナウイルス対策での連携は、わずか2週間でまとまったことがわかった。両社は世界で約30億人が使うスマホ市場を激しく争うライバル同士だが、世界が直面するパンデミック対策にテクノロジーで対処しようと急速に折り合った。

 感染者の接触者をどう効果的に追跡し、感染の広がりを止めるかは世界的な課題になっている。両社によると、当初は別々に手立てを検討していたという。その過程で、シンガポール当局や米欧の大学などの研究機関が、接触追跡のアプリ開発などの研究で突き当たっている課題が、それぞれ分かってきた。

 例えば、世界の8割のスマホに…

この記事は有料会員記事です。残り555文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り555文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り555文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら