[PR]

 熊本地震で2回目の最大震度7を観測した「本震」から16日で4年を迎えた。本震による被害が大きく、関連死を含め計31人が亡くなった熊本県南阿蘇村では本震発生時刻の午前1時25分、遺族らが被災の現場を訪れ、鎮魂の祈りに包まれた。

 大規模な斜面崩落に車ごと巻き込まれて亡くなった熊本学園大生の大和晃(ひかる)さん(当時22)の両親は同じ時刻、現場近くを訪れた。

拡大する写真・図版本震発生の時刻を前に、大和晃(ひかる)さんが発見された阿蘇大橋の崩落現場近くを父卓也さん(右)、母忍さん(中央)ら遺族が訪れた=2020年4月16日午前1時9分、熊本県南阿蘇村、金子淳撮影

 午前1時25分、川の音だけが聞こえる現場を見渡す場所で、晃さんの父卓也さん(61)と母忍さん(52)ら遺族は10分ほどの間黙禱(もくとう)を捧げた。泣き崩れそうになる忍さんを卓也さんが抱きかかえるようにして立った。卓也さんはその後、「当時、あの子が1人でここにいて、非常に怖かった瞬間もあったと思う。毎年自分たちがここで寒さや静けさといった同じ状況を感じることで、あの子の心を和らげることができれば」と話した。

 2016年4月14日に発生した前震の後、晃さんは熊本市内の友人に水を届けるなどし、自宅のある阿蘇市に戻る途中で本震が起きた。県による捜索が打ち切られた後も両親や支援者が自力で捜索を続け、16年7月に河原で埋もれた車が見つかり、8月に晃さんは車中から遺体で発見された。

拡大する写真・図版本震発生の時刻を前に、大和晃(ひかる)さんが発見された阿蘇大橋の崩落現場近くを母忍さん(手前左)、父卓也さん(同右)ら遺族が訪れた=2020年4月16日午前1時15分、熊本県南阿蘇村、金子淳撮影

 晃さんが土砂に巻き込まれた現場付近の国道57号復旧工事は今年10月にも完了する見通し。崩落した阿蘇大橋(南阿蘇村)に代わる新たな橋も、橋らしい姿になってきている。卓也さんは「早く復旧して元の通行ができるようになってほしいけど、自分たちがそこを通る時はきついと思う」。忍さんも「インフラが復旧し、みんな元の生活に戻れる。そうなんだけど、復旧に伴って風化していくものがあるんだろうなと感じる」と思いは複雑だ。

 東海大阿蘇キャンパスがあった…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら