[PR]

 2013年、40年ぶりに噴火した小笠原諸島の西之島。活発な火山活動が続き、島を広げていったのは記憶に新しいところです。

 西之島は東京の南約930キロにある火山島です。水深約3千メートルの海底からそびえ立ち、山体のほとんどは海面下にあります。1973年に有史で初めて噴火しますが、翌年、いったん噴火はおさまります。2013年に再び海底噴火が起きると、その後、大量の溶岩が噴き出し、74年までにできていた島とつながって今の西之島となりました。国土地理院によると19年時点の面積は2・89平方キロです。

 最近は噴火のニュースも少なく、落ち着いているようにも思えますが、活動は活発です。海上保安庁の観測では、今年に入ってもたびたび噴火。気象庁は、周辺の海を通る船舶向けに警報を出し、注意を呼びかけています。

 さてこの西之島を、マグマの特徴から「大陸の始まりを再現しているのではないか?」と考える研究者がいます。海洋研究開発機構の岩石学者、田村芳彦上席研究員らは、西之島の陸上や、近くの海域から岩石を採取し、鉱物組成や結晶の特徴を調べました。すると、安山岩という岩石であることがわかりました。

 太平洋プレートがフィリピン海…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら