[PR]

 和菓子老舗「赤福」(三重県伊勢市)は16日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、17日から本店など三重県内3カ所の直営店舗と、飲食店「五十鈴茶屋」の2店舗を臨時休業すると発表した。直営店22店舗のうち、19店舗はすでに臨時休業していて、全直営店が休業することになる。

 赤福総務部によると、期間は政府が7都府県に出した緊急事態宣言に合わせた5月6日までの予定。担当者は「お客様や従業員の安全を考慮した」と話す。状況次第で期間の短縮や延長もあるという。

 直営店を臨時休業するのは、赤福餅の消費期限偽装が発覚し、製造を中止した2007年10月12日~08年2月5日以来になる。