[PR]

取材考記

 「メキシコ国境に壁を造る」。そう大統領が宣言したあとの米国で、1年余り生活した。感じたのは、「米国民か外国人か」という意識上の壁が、それぞれの心の中に広がっている現実だった。モノは人の意識を変える。

 帰国後、経済産業省の取材を担当することになった。1階玄関での入庁管理だけでなく、庁舎内の全執務室を日中も施錠することを2017年2月に決定。中央省庁でも異例の庁舎管理はなお続いていた。

 省庁などの役所は、機密情報を扱う部署を除き、執務室のドアを施錠せず開放しているのが普通だ。取材の際は担当者に電話で約束し、その部屋にいく。資料が山積みになった彼らの机をはさみ、あるいはその机の前でやりとりをする。説明内容はもとより、いつでもふところにメディアを入れられる姿勢に、行政の透明性を感じる。

 経産省はどうか。一律に全ての…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら