[PR]

 新型コロナウイルスの感染を確認するためのPCR検査体制を拡充するため厚生労働省は、地域の医師会などが運営して検査を実施する仕組みを導入する、とした事務連絡を15日付で都道府県などに出した。従来の検査体制にこの仕組みが加わることで検査数が増えることが期待される。日本医師会は地域の医師会に協力を呼びかけている。

 厚労省によると、PCR検査を行う「帰国者・接触者外来」は現在、多くが感染症指定医療機関などに設置されており、負担が集中。このため、地域の開業医らが交代で検査業務を担う「地域外来・検査センター」を新たに設けることで、負担の分散と検査数の増加が期待できるという。

 感染の疑いがある場合に相談する「帰国者・接触者相談センター」と情報共有できれば、診療所が疑いがある患者を直接検査センターに紹介して検査を受けられるようになる。

 すでに多くの新型コロナ患者を受け入れている東京都新宿区の国立国際医療研究センターでも医師の負担を減らすため、来週にも検査センターを設置して区医師会の医師らが交代で業務に当たる予定という。