[PR]

 「おみゆきさん」と呼ばれる水防祈願の祭りが15日、山梨県笛吹市一宮町の浅間神社や甲斐市竜王の三社神社などで開かれた。新型コロナウイルスの影響で参加者を大幅に減らし、出店などは自粛した。

 水害に悩む平安時代に、浅間神社のみこしを釜無川に渡御させたのが起源。同神社では例年、ご神体をみこしで担ぎ、境内は大勢の人でにぎわう。しかし、今年は「辛櫃(からひつ)」と呼ばれる小さな入れ物を用意。静かに神事が進み、「疫病終息」も祈願した。(永沼仁)