福島)夜の街も苦境 コロナ

有料記事新型コロナウイルス

小手川太朗
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県内の繁華街でも客が激減している。クラスター(感染者集団)の発生を防ぐため、外出自粛の要請が強まり、苦境にあえぐ。関係者に取材すると、夜の街特有の事情も見えてきた。

 15日午後8時ごろ、JR郡山駅前を歩いた。東北では国分町(仙台市)に次ぐと言われる繁華街はがらんとし、人通りはほとんどない。「見ての通り、客はゼロですよ」。声をかけてきたキャバクラ店の客引きの男性は自嘲気味に話した。

 20年以上、駅近くで店舗型風俗店を経営する男性(70)は14日から6日間、休業することを決めた。状況次第で延長もある。3月中旬から客足が例年の3分の1以下になり、政府による緊急事態宣言東京都などに出された今月7日以降はほぼゼロになった。

 男性は「うちは経済的な事情…

この記事は有料記事です。残り809文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]