[PR]

 神奈川県衛生研究所は15日夜、新型コロナウイルスのPCR検査で、県内の女性2人の検体を取り違え、陽性と陰性を逆に伝えたと発表した。本来は陰性なのに陽性とされた高齢の女性は伝達の翌日、入院していた医療機関で別の病気で亡くなったが、家族は濃厚接触者として自宅待機を求められたため、臨終に立ち会えなかったという。

 研究所によると、取り違えは14日に起きた。検体はポリプロピレン製の小さな容器に入れられており、容器に書かれた番号を、職員が見間違えたとみられる。

 研究所は14日夕、誤った結果を依頼元の医療機関に伝えた。だが、高齢女性は元々感染の疑いが低かった一方、別の女性は感染者の濃厚接触者だったため、この医療機関が同日夜に確認の連絡を入れ、15日午前に取り違えが判明した。

 高齢女性は同日正午過ぎに亡くなった。家族が会えたのは、すでに息を引き取った後だった。研究所の高崎智彦所長は「大変申し訳ありません」と謝罪している。一方、陰性と伝えられた別の女性は、その後も自宅で待機していて、感染拡大の恐れはないという。(茂木克信)