[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、英国の議会下院(定数650)は16日、テレビ会議システム「Zoom(ズーム)」を審議の一部に導入すると発表した。700年の歴史を持つ下院で、初の試みという。

 英議会によると、一度に最大120人の議員が、ズームで審議に参加できる。また、約50人の議員は、他の議員と距離をとりながら実際の議場に入り、「ハイブリッド型議会」になるという。議場には複数のスクリーンが設けられ、ズームで参加している議員の顔が見えるようにする。ただ、120人と50人を足しても170人にしかならず、残りの議員の参加をどう確保するかは明らかではない。

 英議会は今月21日に再開される予定。ただ、職務を離れて療養中のジョンソン首相をはじめ、閣僚や与野党議員に新型コロナの感染が広がっており、「密集した議場で議論するのは不適切だ」という声が議員からも上がっていた。(ロンドン=下司佳代子)