[PR]

 パチンコといった遊技施設や大規模商業施設の駐車場の「監視」を和歌山市が始めた。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためとして、県外ナンバーの流入状況を、法律に基づかずに「自主的」に調べるという。尾花正啓市長が16日の記者会見で明らかにした。

 担当の市産業交流局によると、1チーム5人の「監視チーム」を14日に2チーム編成した。市内にあるパチンコ・ゲームセンター・ボウリング場・スポーツクラブ・カラオケ・大規模商業施設など約30店舗を対象に、駐車場にある県外ナンバーを記録する。個人情報は集めていないという。14日に1回目の調査をした。これから週末を中心に随時調べていく。

 尾花市長は会見で「市民にはそういったところに行っていただきたくない」と話し、特に遊技施設へ行くのを自粛するよう呼びかけた。

 緊急事態宣言の対象区域の大阪…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら