「集まって花見している」コロナ関連の110番増加傾向

有料記事新型コロナウイルス

小木雄太 福冨旅史
[PR]

 「花見をしている人たちがいる」「マスクしていない人を注意したらトラブルになった」――。千葉県内で新型コロナウイルスに関する110番通報が相次いでることが県警への取材で分かった。3月から今月13日までに100件弱あったという。

 通信指令課によると、通報は「外出自粛中なのに、集まって花見をしている人たちがいる」と注意を求めたり、「換気のため、電車の窓を開けようとしたらもめた」とトラブルを訴えたりする内容があった。

 感染者の多い地域では「駅前で個人が勝手にマスクを売っている」というものも。国が緊急事態宣言を出した今月は増加傾向にあるという。

 一方、110番の全体の受理…

この記事は有料記事です。残り240文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]