拡大する写真・図版路上に散乱していたマスク=国土交通省名古屋国道事務所提供

[PR]

 名古屋市緑区の国道23号有松インターチェンジ付近から愛知県大府市に至る路上で16日午後5時10分ごろ、「マスクが散乱している」と国土交通省名古屋国道事務所に通報があった。

 同事務所によると、マスクは国道に約1キロにわたって散乱。落下物として回収したところ、およそ土囊(どのう)袋三つ分になった。枚数は「多すぎて数え切れない」。

拡大する写真・図版路上に散乱したマスクを回収した袋=国土交通省名古屋国道事務所提供

 多数の車両に踏まれているといい、「もったいないが廃棄になるだろう」としている。(山崎輝史)