拡大する写真・図版警察官らに捕獲されたカモシカ=2020年4月17日午前11時38分、名古屋市名東区、上田潤撮影

[PR]

 17日午前7時40分ごろ、名古屋市名東区富が丘で、「ニホンカモシカが道を走っている」と110番通報があった。近くの住宅の庭でカモシカ1頭が見つかり、警察官や愛知県職員ら約20人が捕獲したが、その後死亡したという。

 県によると、地元の猟友会員が吹き矢で麻酔をうち込むなどして午前11時半ごろ、捕獲した。その際、時折暴れるような様子を見せたが、けが人はいないという。特別天然記念物で、県内でも生息が確認されているという。

 現場は名古屋市営地下鉄藤が丘駅から北へ約500メートルの住宅街。近くの会社員石原直樹さん(64)は「20年ほど住むが驚いた。外出自粛で町が静かになったからかな」と話した。

 守山署などによると、16日夜から17日朝にかけて、近接する同県尾張旭市や長久手市などでもカモシカを見たとの通報が相次いでいた。(小松万希子、柏樹利弘)

拡大する写真・図版警察官らに捕獲されたカモシカ=2020年4月17日午前11時38分、名古屋市名東区、上田潤撮影

拡大する写真・図版住宅街に現れたカモシカ=2020年4月17日午前10時38分、名古屋市名東区富が丘、山本正樹撮影

拡大する写真・図版捕獲したカモシカを運び出す警察官=2020年4月17日午前11時36分、名古屋市名東区、上田潤撮影