[PR]

 新型コロナウイルスの感染が世界で最初に確認された中国・湖北省武漢市の当局は17日、新型肺炎による死者数を修正し、これまで公表していた人数より1290人多いと発表した。これにより、17日午前0時時点での武漢市の累計死者数は3869人となった。

 武漢市当局は修正の理由について、「病院に収容できず自宅で死亡したケースや、医療現場が混乱する中での報告漏れなどがあったため」と説明している。同様の理由で、感染者数もこれまでより325人多かったとし、累計感染者数を5万333人に修正した。

 武漢市の統計が修正されたことで、中国本土での累計死者数は4600人を超えることになる。(上海=宮嶋加菜子)