[PR]

 内閣府は17日、大塚拓副大臣の秘書が新型コロナウイルスに感染したことがわかり、大塚副大臣が自宅勤務をしていると発表した。濃厚接触者はいないと保健所が確認しているが大事をとった、としている。

 衆議院の事務局によると秘書は30代の女性。議員会館で働いており、直近の出勤日は3日だった。6日に発症し、16日にPCR検査の結果が出たという。