[PR]

 温水洗浄便座22台を業者の倉庫から盗んだとして、警視庁は、住所不定、無職小嶋健裕(たけひろ)容疑者(36)を建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕し、17日発表した。調べに対し、小嶋容疑者は容疑を認め、「高価なモデルを狙った。以前に仕事で扱っており、見ればわかった」と供述しているという。

 上野署によると、小嶋容疑者は3月7日未明、東京都台東区の卸業者の営業所に侵入し、倉庫から温水洗浄便座22台(小売価格計約366万円)を盗んだ疑いがある。レンタカーに積んで運び、同区の古物店に約100万円で売却していた。調べに「借金があって生活が苦しかった」と説明。上野駅周辺のカプセルホテルなどを転々としていたという。

 周辺の県でも温水洗浄便座を狙った窃盗事件が数件起きているといい、警視庁は関連を調べる。