[PR]

 新型コロナウイルスへの感染防止策として、日本航空は17日から、羽田空港で発熱がある利用者に接客する際に、子会社が作ったフェースシールドをつけて職員に対応させることにした。

 羽田ではこの日から、国内線の利用客に対して保安検査前にサーモグラフィーによる検温をしている。

 日航によると、フェースシールドは同社の整備子会社「JALエンジニアリング」が、機体の修理で使うチタン板とアクリル板の端材で作ったという。