[PR]

 川崎医科大や国立環境研究所などの研究チームが、大気汚染を引き起こす微小粒子状物質PM2・5の空気中の濃度が高まると、国内で心臓停止のリスクが高まることをつきとめた。論文を18日、国際医学誌「JAMA Network Open」に発表した。

 PM2・5は、空気を漂う2・5マイクロメートル以下の粒。車の排ガスや工場の排煙などが発生源とされ、硝酸塩や硫酸塩などが含まれる。肺の奥深くまで入り、ぜんそくや心臓病などへの悪影響が報告されている。

 チームは、2011年4月~16年12月に全国の病院外で起きた急性心筋梗塞(こうそく)などによる心停止のうち、まわりの人がその瞬間を目撃した約10万3千例と、都道府県などが計測しているPM2・5の濃度の関係を分析した。

 すると、心停止が起きた前日から当日にかけてのPM2・5濃度が1立方メートルあたり10マイクログラム上昇すると、心停止が1・6%増えた。とくに男性は2・1%、75歳以上の人は2%増えた。PM2・5の1日平均濃度は、環境基準値以下の1立方メートルあたり13・9マイクログラムだった。

 川崎医大の小島淳(すなお)教…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら