[PR]

 東海や関東甲信などで17日夜から18日にかけて、大雨になる地域があると予想されている。強い寒気を伴った低気圧が通過する影響で、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要という。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水への警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、18日午後6時までに予想される24時間降水量は、多いところで東海250ミリ、関東甲信200ミリ、東北120ミリ。東北では、その後の24時間でも100~150ミリと予想されている。1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るところもある見込みという。

 18日にかけての予想最大風速は、関東甲信23メートル、東北20メートルなど。東日本の太平洋側では高波にも警戒が必要という。(山岸玲)