[PR]

(悩みのるつぼ) 相談者

 私は、40代半ばの独身女性です。大学生の時に父を亡くし、兄妹も結婚して独立し、現在70代の母とずっと2人で暮らしております。最近、母が「自分が亡くなったら……」という話をチラホラするようになり、そのことを聞くたびに涙が出て、母がいなくなったあと自分はどう生きていったらいいのか、生きていけるのかと悩む毎日です。

 母は年金暮らしのため、外出することもなく家で過ごすことが大半です。一方の私は、仕事に恵まれ、人並み以上の収入はあります。

 父を早くに亡くしているので、「母をどこかに連れて行ってあげられるのは自分しかいない」という思いが強く、母が望むことは、出来る限りかなえてあげたいと思っています。友達もいるのですが、他人と会うと疲れることもあり、距離を取ってしまって、最近は会う機会も減ってきています。

 私が結婚することが最大の親孝行だとは分かっていますが、母を一人きりにすることや、私には周囲に結婚を意識するような対象がいないことなどから、恋愛にも意欲がわきません。

 母といることが癒やしであり楽であること、母を1人にできないという理由をつけて、母に依存してしまっているのではないかとも思っています。

 数々の出会いや別れを経験されておられる美輪さんにアドバイス頂けたら幸いです。

回答者 歌手・俳優 美輪明宏さん

 これは現代の日本全体が抱えている問題といえるのではないでしょうか。悩んでいるのは、絶対にあなただけではありません。年老いた親と独身の40代、50代の同居はここ数年、かなり増えていると思います。

 私の経験上、もし相談者である…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら