[PR]

 緊急事態宣言の期限となる5月6日を過ぎたら、繁華街に出ても問題ないのか――。こうした問いに、安倍晋三首相は17日の記者会見で「夜の飲食店などへの外出を含めてどうするかは、今から断定的なことを申し上げることではない」と慎重に言葉を選んだ。

 首相は「まさに未知のウイルスであり、十分に確信をもって予見することはできない。政治的に決めることではなく、専門家の意見をうかがった上で判断したい」と強調した。

 会見には政府の諮問委員会の尾身茂会長が同席した。尾身氏は「ほぼ間違いなく言えることは、感染が仮に下火になっても、その後、ゼロになることはありえない」と指摘。「小さな山がまた何度か繰り返してくることは当分、覚悟した方がいいと思う」と語った。

拡大する写真・図版記者会見する安倍晋三首相=2020年4月17日午後6時12分、首相官邸、岩下毅撮影

 首相は会見に先立ち、衆院厚生…

この記事は有料会員記事です。残り610文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り610文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り610文字有料会員になると続きをお読みいただけます。