[PR]

働くってなんですか

 首都圏を中心に展開するチェーン「名代 富士そば」で働くアルバイトの従業員と「飲食店ユニオン」の関係者が、17日都内で会見した。営業時間の短縮などで減った分の給与について、補償を受けられるようになったという。

拡大する写真・図版「名代 富士そば」は首都圏を中心に多くの店を展開している=17日、東京都内

 従業員の岸本優さん(52)によると、ITエンジニアの前職を経て、今年1月から千葉県内の店で週40時間ほど働き始めた。月17万~18万円の給与を得ていたという。

 新型コロナウイルスの感染拡大による営業自粛で、収入が減る人が増えています。労働組合に入り会社側と交渉することで、一定の成果を得られる事例も出てきました。企業向け助成金制度が緩和され、短時間勤務のアルバイトらが対象になったことも、交渉を後押ししているようです。

 岸本さんはいまは週24時間ほどしか働けず、給与は月10万円ほどに減った。「富士そば」は24時間営業の店が多いが、現在は基本的に午前7時から午後8時までに短縮されている。

 会社側からさらなるシフト減を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら