[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、急激に客足が途絶えて苦境に立たされている土産品製造業者などを応援しようと、県の公式通販サイトで県産品を詰め合わせた復興応援「復袋」の販売が始まった。県民に不要不急の外出自粛が要請される中、県産品の販路を確保し、事業者を支援することが狙いだ。

 「おんせん県おおいたオンラインショップ」(https://www.rakuten.ne.jp/gold/onsenken-oita/別ウインドウで開きます)で販売しているのは、菓子や総菜、麺類などの詰め合わせ。通常より割引しており、価格は2千円~3万円ほどを想定。北海道のキャンペーンを参考に、大分でも7日から始め、16日時点で23種類が用意されている。

 県商業・サービス業振興課によると、楽天と連携した通販サイトに出品していた事業者15社に加え、「復袋」の企画に賛同した事業者約30社が参加を予定。観光客ら人の移動が急減し、土産品などの予定外に抱えた在庫も活用する。

 同課の担当者は「一人でも多くの方に購入していただくことが、県内業者の支援につながる」と期待している。(中島健)

関連ニュース