[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、緊急事態宣言の対象が全国に広がってから一夜明けた17日、小売りや外食大手は休業店舗の拡大などの方針を相次いで打ち出した。

 百貨店各社は一部で実施していた臨時休業を全国に広げる。三越伊勢丹は全20店のうち16店で、緊急事態宣言の期限となる5月6日までの休業を決めた。残る4店も、自治体の要請によっては休業を検討する。担当者は「売り上げうんぬんよりも安全が第一だ」と話す。そごう・西武は全15店で、大丸松坂屋も16店中15店で一部の食品売り場を除いて休む。

拡大する写真・図版政府の緊急事態宣言後、店舗の臨時休業や外出の自粛で都心の繁華街は閑散としていた=2020年4月12日午後、東京都新宿区

 ユニクロはこれまで9都府県で216店だった休業を、18日から全国281店に広げる。すべてが店が入る商業施設の休業の判断という。運営するファーストリテイリングは「衣料品は生活必需品。郊外の路面店を中心にできるだけ営業を続けたい」(広報)とする。

 マクドナルドは、東京や大阪の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら