【動画】地味な生き物こよなく愛する学芸員、発見新種は12種類=安田琢典撮影
[PR]

 国内の水族館で最も多い約1200種類の生き物を飼う鳥羽水族館(三重県鳥羽市)には、一世を風靡(ふうび)したダイオウグソクムシをはじめ約560種類の無脊椎(せきつい)動物がいる。同水族館で唯一の無脊椎動物の専門家で、学芸員歴28年のベテラン森滝丈也さん(50)は、地味でちょっと不気味な生き物に深い情熱を注ぐ。

 2013年、「No.1」と命名されたダイオウグソクムシが全国に波及する「事件」を巻き起こす。巨大なダンゴムシの仲間は、水槽の中でめったに動くことはない。そんな奇妙な行動を紹介したことがきっかけだった。

 森滝さんは無脊椎動物を中心に集め、この年にオープンした「へんな生きもの研究所」というコーナーを任されている。その傍ら、水族館の公式ホームページで無脊椎動物の日常を紹介している。

 この「No.1」が微動だにしないばかりか、4年近くエサを全く食べていないことを報告すると、まずは地元のウェブ新聞が紹介。ヤフーで紹介された途端、瞬く間に全国区の人気者になった。

 「No.1」は結局、5年以上…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら