[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、米ホワイトハウスの記者会見の様相が大きく変わっている。ほとんど使われていなかった会見室では毎日のように、トランプ大統領や政権幹部が出席して会見を行っているが、感染リスクを抑えるため、参加人数は制限され、出席を取りやめる社も出ている。トランプ氏の「言いっ放し」となることも多い会見を、どのように報じるかも課題となっている。(ワシントン=園田耕司)

 「経験したことのない、特異なことが起きている」。レーガン政権の1983年からホワイトハウスを取材してきたニューヨーク・タイムズのカメラマン、ダグ・ミルズ氏はこの1カ月間の記者会見の変化に、驚きを隠さない。

 ホワイトハウス内の「ジェームズ・S・ブレイディ記者会見室」は、49ある記者席がぎゅうぎゅうに詰められて並ぶ狭い部屋で、会見時には通路が立ち見の記者であふれる。歴代政権は報道官がここで定例会見を開いてきた。

 しかし、トランプ政権になってから急速に使われなくなり、昨年3月からは報道官が一度も会見を開いていなかった。会見室は「物置」となり、米メディアなどが備品を置いていたほどだ。

 この部屋が一転して全米の注目…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら