[PR]

 全国の大学の学生や教職員に、新型コロナウイルスの感染者が相次いで見つかっている。

 法政大(東京都)は16日、教員の男性が新型コロナウイルスに感染し、肺炎で死亡したと発表した。同大によると、2月以降は海外渡航歴はなかったが、3月末から発熱が続きPCR検査で陽性と判明し、入院して治療を受けていた。

 同大は3月下旬、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、授業開始を4月21日に延期すると発表し、緊急事態宣言を受けて今月9日からは学内への立ち入りについて、学生は禁止、教職員も原則禁止としている。

 ほかにも欧州旅行から帰国した学生らの感染が判明した京都産業大をはじめ、東京大、九州大(福岡市)、愛知県立大(愛知県長久手市)、早稲田大(東京都)などが学生や教職員の感染を発表している。