[PR]

 新型コロナウイルスの消毒に、台所洗剤などの成分が使えないかを検証する試験を、独立行政法人・製品評価技術基盤機構(NITE)が始める。感染拡大で消毒用のアルコール不足が深刻になっており、家庭や職場でアルコールの代わりになる消毒方法の選択肢を増やす狙い。経済産業省とNITEが15日、発表した。

 有識者でつくるNITEの検討委員会が、国内外の論文などから、台所用洗剤などの「界面活性剤」▽塩酸や食塩水を電気分解して得られる「次亜塩素酸水」▽除菌用のウェットティッシュなどにも含まれている「第4級アンモニウム塩」――を、新型コロナに効く可能性がある候補として選び出した。原則として物の消毒を想定しているが、次亜塩素酸水は食品に、第4級アンモニウム塩は手指に使える可能性もあるという。

 検証試験は、物質や酸性度が異なる計12種類で実施し、一緒に入れたウイルスをどれだけ死滅させるかを評価する。まずは、構造が比較的似ているインフルエンザウイルスでの有効性を緊急に調べた上で、実際に新型コロナウイルスを使って試験を進める。検証結果は速やかに情報発信していくという。(桜井林太郎)