拡大する写真・図版今年2月、米アリゾナ州での春季キャンプで通訳の水原一平さん(右)と談笑する大谷=USAトゥデー・ロイター

[PR]

 大リーグ、エンゼルスは17日、一昨年の右ひじ手術からの投手復帰を目指す大谷翔平(おおたに・しょうへい)が13日に本拠地エンゼルスタジアムで投球練習を再開したと発表した。17日にもブルペン入りし、ともに捕手を座らせて、直球のみ15球を投げた。

 投球練習はアリゾナ州テンピでキャンプを行っていた3月11日以来、約1カ月ぶり。キャンプ中は6度の投球練習をこなし、全球種を使って投げるなど着実にメニューを消化した。新型コロナウイルスの感染拡大でオープン戦中止と公式戦の開幕延期が決まった後は、本拠地に戻ってリハビリを続けている。(共同)