[PR]

 横浜市は18日、市内在住の40~70代の男女計13人が新たに感染したと発表した。これで県内の感染者は計745人となった。13人のうち1人が重症、5人が中等症で、残りは軽症という。

 また、入居者と職員計8人の感染が判明し、クラスター(感染者集団)発生と市が認定したグループホームの入居者で、医療機関に入院していた80代の女性が13日に死亡したことも判明した。県内の死者は計17人となった。