[PR]

 新型コロナウイルスの集団感染が起きた永寿総合病院(東京都台東区)で、陽性者と陰性者が複数の病棟で混在していたことが、厚生労働省クラスター班の報告書でわかった。集団感染が明らかになった後も3月末まで混在し、感染リスクを広げた。感染した患者が別の病棟に移ったり、医療スタッフが複数の病棟を行き来したりし、また医療スタッフの休憩室や食堂など密接した空間で感染が拡大した、などと指摘した。

 同病院ではこれまでに患者と医療スタッフ計191人が感染し、うち患者20人が死亡した(同院集計。4月10日までの判明分)。現在は外来や救急診療を休止し、感染者が出た期間の前後に退院した患者の経過観察を続けている。

 クラスター班の報告書によると、同病院では3月14日ごろに集団感染が発生した。当初は二つの病棟での発生が中心だったが、感染者が別の病棟に移った後に感染が広がった可能性があるという。また、患者が発生した二つの病棟は同じフロアで隣接し、行き来した医療スタッフらにより「拡散は容易だった」とした。

 感染拡大の要因として、医療スタッフが休憩室や仮眠室、食堂、ロッカーなどの密接空間で、共に過ごしていたことも挙げられた。また、病棟内で手指の消毒など基本的な感染予防策が不十分だったうえ、認知症など動き回る患者がいたこと、隣接病棟と一体化した病棟の構造上の問題、患者が入院病棟を途中で移ったこと、などもリスク要因だったとした。

 4月以降、陽性患者と陰性患者を病棟単位で分けるよう移動を進め、今月9日に移行が完了した。だが、今後もまだ入院患者から散発的に陽性者が出る可能性はあるという。

湯浅祐二院長は9日に公表した談…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら